大会の紹介

第13回2018忠州世界消防士競技大会へようこそ

WFG紹介

  • Home  >  
  • 大会の紹介  >  
  • WFG紹介

「世界消防士競技大会(WFG)」1990年創立

  • 目的 : スポーツを通じた世界国家間国際消防情報交流と前•現職消防士(軍人含む)及び家族の親善を図るために設立
  • 運営本部 : World Firefighters Games Western Australia Inc.(オーストラリア•パース)

WFG運営本部

World Firefighters Games Western Australia Inc.

  • 組織 : 総4人(理事3、秘書1)
  • 理事 : Trevor Pateman(Chief Executive Director), Mike Jose(Director of Finance), John Hartley(Director)
  • 活動内容 : 世界消防士競技大会運営及び消防士福祉増進
  • 住所 : 24 Julian Way, Thornlie 6108, Western Australia
  • 連絡先 : 電話 61-8 9493 3740/ FAX 61-8 9459 1187
  • 重点推進事業
    • 全世界の消防士の健康と体力増進強化
    • 世界消防士競技大会(WFG)運営及び世界消防士の福祉増進
    • 大会開催収益金で火傷患者(子供)のための慈善機関寄付
  • 大会運営の方向 : 一般的な伝統スポーツ+消防士に関する種目選定
    • 競技種目 : 37必須(Core)種目のほか、開催国の状況に応じて任意種目選定(種目数は開催国ごとに異なる)
    • 競技進行 : 競争するエリートスポーツ競技とは異なり、競技の優劣ではなく、全世界の消防家族が参加して楽しむことができる団結の場として、祝祭の雰囲気を造成するために、年齢•性別に応じて参加基準を異にして競技進行
  • 歴代大会評価 : 世界各国の消防家族が参加して友情を分かち合う大会で、開催国の文化や伝統を体験する機会を提供